HOME >  チームフォーブログ  > 2016年8月

チームフォーブログ

  • オフィス移転の目的・プランニング作成

    オフィス移転目的

    オフィスを移転する際に目的などは会社ごとによって異なりますが、移転の目的はしっかりと捉え、オフィス移転の実行に移らなくてはなりません。
    事務所引っ越しの際の目的・プランニングについてご紹介します。

    ■オフィス移転の目的は?

    移転計画を立てようとした時、移転目的をきちんと設定した上でオフィスの立地・設備などを考える必要があります。
    移転目的というのはどういったものがあるでしょう?
    例えば、「より社員が働きやすい環境にする」、「人員増加のためのオフィス拡大」、「今までのオフィス賃料をより格安なものにする」、「オフィスのセキュリティを高めたい」など、様々な目的が考えられます。

    ■目的に合った条件設定を

    上記で挙げたように、移転目的を設定したらそれに合わせて移転の条件を決定していきます。

    ・立地

    まず立地ですが、周辺の交通機関は便利なものかどうか、一番近い駅からは歩いてどれくらいかかるのか、社員の通勤の際にかかる時間や費用なども考慮し、オフィスの立地を考えます。
    営業業務によっては利用路線が多い駅周辺にオフィスを立地することで営業先への移動も便利になります。

    ・設備

    オフィスの設備としてはスペースの坪数やビルの管理、利用条件(賃金や駐車場など)はどうなるのかなどだけではなく、オフィスを利用できる時間、空調の利用できる時間などが制限されているかどうかなども確認する必要があります。
    例えば、ビルの管理上、深夜・土日祝などの休日はオフィスを使うことができない場合やオフィスに入ることはできても空調が効かず業務に支障をきたしてしまう可能性も考えられるのです。

    ■条件が決まったら?

    条件を設定したら、次に移転に関するスケジュールを作成していきます。
    移転する際に必要な作業などを確認し、移転日までのスケジュールを作りましょう。
    ただし、この時点では細かく作業内容などを決めていないため、ざっくりとしたものになります。
    そもそもオフィス移転はどれくらいから準備し始めた方が良いかというと、会社の規模によっても異なりますが、大抵はオフィス移転を行う半年前からスケジュールを組み進めていくと良いでしょう。
    オフィス移転する半年前には、まず社員への解約予告と原状回復に関する確認が必要です。
    そしてオフィス移転の1ヶ月前には現状回復における工事の着手や工事終了後に現オフィスとの契約終了とし、オフィス移転をするために細かくスケジュールを作成していきます。
    こうして大まかではありますが、移転のスケジュールを決定していくのです。

     

     

    次の記事

    新しいオフィスを探す時のポイント

     

     

    2016年08月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ADDRESS

  • 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-14-3 サンキエームビル2F
  • Email: team@team-for.co.jp
  • TEL03-5615-5250
    FAX:03-5615-5253
株式会社チームフォー